妄想引き寄せ実験

こんにちは!日野 里映(ひの りえ)です。

 

近所のスーパーは、毎週水曜日は全品1割引になります。(一部対象外のものもありますが)

すごいですよね〜。1割引って。

なので、水曜日にはそのスーパーに行くようにしています(笑)

 

そのスーパーでは、焼き芋を売っています。

他の曜日は知りませんが、私が行ける時間(夕方〜夜)にはいつも焼き芋ケースが空になっています。

いっつも売り切れなんです(怒)

それでなくても人気の焼き芋です。1割引の日なので、多くの人が求めるんでしょうね〜。

 

昨日はスーパーに行く途中になんだかご機嫌な気分だったので、「ご機嫌妄想」(私の造語)をしてみました。

「あ〜、美味しい、あったか〜い。今日もいい焼き芋だったな〜。」と焼き芋を食べながらご機嫌な私を妄想してみたんです。

もともとご機嫌だったので(基本的にご機嫌じゃないと「妄想しよう」と私は思いません。)スムーズに妄想できるし、別に焼き芋がもし売っていなくてもそれほどのダメージはないので、気楽にできました。

「ご機嫌妄想」には気楽さが大事。

執着が入ったら途端にうまくいかなくなる気がします。

「あ〜、焼き芋が欲しい。焼き芋が手に入らないんだったら◯◯スーパーも◯◯スーパーも回ろう。何がなんでも手に入れる。今日、絶対焼き芋が食べたいの〜。」

↑これは執着なんだと思います。

 

 

で、スーパーに着きました。すぐに焼き芋ケースを見ました。

 

 

ない。

焼き芋がない。

あぁ、今日もないのか(悲)

思ったよりもダメージがありましたが(焼き芋大好きなんで)、「まぁ、今焼いているみたいだし、買い物終わりの頃にまた行ってみよう。」と明るい気分で買い物することができました。(気分を切り替える)

そうこうするうちにレジに行き、会計済ませてから焼き芋のことを思い出しました。(すっかり忘れていました)

「あっ、行ってみよう。」と焼き芋ケースに行くと、何やら人が集まっています。

どうやら店員さんが焼き芋を取り出して(焼き芋ケースの下が焼き芋を作るところになっています)袋につめているところでした。

やった〜。焼き芋ある〜。

そうは思ったものの、結構な人が焼き芋に群がっていました。(どれだけみんな好きやねん)

急いで焼き芋ケースに行き、私も並び、めでたく2つゲットすることができました。(すぐに売り切れていました)

家に帰り、「ご機嫌妄想」したように食べたのでした。(全部じゃないですよ。焼き芋を毎日少しずつ食べるのが私流。)

焼き芋が好きな人ならわかると思いますが、若干かためでそれほどでもない焼き芋と、やわらかくて黄金いろでとろとろで本当に美味しい焼き芋があります。

今回はめでたく後者でした。

ということで妄想引き寄せ実験大成功。

まとめ

今回の妄想引き寄せ実験の分析をしてみたいと思います。

①ご機嫌なときに妄想する。

②願い(焼き芋欲しい)に執着しない。

③願い(焼き芋欲しい)がダメになったと思っても気分を切り替えて「いい気分」を保つ。

③願い(焼き芋欲しい)のことをすっかり忘れていた。

こんなところでしょうか。

 

たかが焼き芋ですか?されど焼き芋ですよ。

なんかいい感じで「妄想引き寄せ実験」ができてさらにご機嫌でこのブログを書いています。

明日も何かしら実験をしてみようっと。

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえ

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。