【鳥取】根雨(ねう)神社〜牛頭天王様にゆかりがある神社

こんにちは!日野りえ(→プロフィールはこちら)です。

 

今回は、「根雨(ねう)神社」に行って参りました。

金持神社の帰りにたたらやというお蕎麦屋さんに行きました。

そのすぐ近くに鳥居があったので、入ったのが根雨神社だったのです。

 

根雨神社とは

根雨神社のホームページはありません。

神社に行っても由来など書いている石碑はありません。

いろいろなサイトを当たると、どうやら牛頭天王様とゆかりがある神社のようです。

よなごキッズ.comこちらのページによると以下のような記述がありました。

社伝によれば、出雲国須賀宮より勧請したと言われ、中古には牛頭天王と改めた。
牛頭天王を祀る社は祗園の社と称され水の神、色々な災害を除く神と言われる。
京の祗園は、八坂牛頭天王と言った。
根雨神社も遠い昔に祗園の牛頭天王を勧請して祀ったものかも知れない。

私が慕ってやまない牛頭天王さまゆかりの神社だったのです。

根雨神社にお参りしたときには全然気づきませんでしたが、このブログを書くために調べて発見しました。

牛頭天王さまというのはおもしろがってもらえれば大きな望みも叶えてくださるかもしれない神様。

私は牛頭天王さまに会いに京都の今宮神社によく行っています。(ここ1年くらいの話)

根雨神社 詳細情報

まずは、根雨神社の詳細情報をまとめました。

住所
鳥取県日野郡日野町根雨631
地図
電話
0859-72-0191

公式ホームページはありません。

根雨神社の境内

牛頭天王さまがいらっしゃるかもしれない根雨神社に一緒にお参りしていきましょう。

↓見るからに歴史がありそうな鳥居です。これは入らずにはいられない。

↓狛犬さんたち

↓目のまわりに歌舞伎の「隈取」みたいなメイク?がほどこされています。

↓階段を登っていくと二の鳥居が見えます。

↓二の鳥居も本当に厳かな雰囲気です。

↑階段を登り切ると、そこは空気がガラリと変わります。古代の空気が。

↓狛犬さんたちです。

↓隋身門です。

↓本殿が見えました。

一緒にお参りしましょう。

お賽銭を入れたかったのですが、お賽銭箱や入れるところが見つけられませんでした。

 

まとめ

今回は「根雨神社」に行って参りました。

日野 里映
牛頭天王さまがいらっしゃるかも、とテンション上がりました!!

お賽銭箱もないし、ホームページもない、日野町マップなどにも紹介されていない地元密着型の神社ですが、階段を登りきった場所は古代へタイムスリップしたような錯覚を覚えるほどでした。

近隣の観光スポット・お店

↓ずっと前から行きたかった金持神社が同じ日野町にあります。

↓歩いてすぐのところに美味しいお蕎麦屋さんがあります。

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。