【京都】お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)〜何回もリピートしているお財布にも体にも優しいランチ

こんにちは!日野 里映(ひの りえ→プロフィールはこちら)です。

 

今回は「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)に行ってきました!

 

「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)の詳細情報

まずは、「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)」の詳細情報をまとめました。

住所
京都府京都市上京区中立売通大宮西入新白水丸町454-1
地図
営業時間
ランチ11:00~14:00 ディナー17:00~21:00(火〜日)
定休日
月曜日
駐車場
なし
クレジットカード
各種クレジットカード可
電子マネー
Suica ICOCA PiTaPa QUICPay PayPay
喫煙状況
禁煙
公式サイト
https://fukuzumi.owst.jp/

「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)」の外観

↓このような入り口です。

↓ランチメニューもわかりやすく出ています。

福住のランチメニュー(2020年8月21日)

福住のランチメニュー(2020年8月21日)

 

「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)」の店内の様子

↓このようなお庭もあり、京都らしくいいお店です。(だから何度もリピート)

「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)」のランチ

↓まずは前菜3種盛りです。

↓手前は鶏胸肉の蒸し鶏です。たんぱく質がたっぷりとります。

↓そしておかゆです。中華粥が大好きです。

↓今回のメインは日替わりの「豚肉と玉子と野菜の炒め」です。

これが予想以上の美味しさでした。卵の味が濃くて、きくらげがしゃきしゃき。

おうちで真似して作ろうと思いました。

↓連れが選んだ「若鶏の唐揚げ」はこちら。

結構な量があります。

↓そして嬉しいデザートがついています。本格的な杏仁豆腐とサーターアンダギー(沖縄のドーナツ)。

↓白きくらげやクコの実が入っています。

ランチメニューのおさらいをすると、前菜3種盛り+お粥+メインの料理+デザートのセットで1150円。

安すぎます。

そしてお粥なのでお腹にもたれない。

メニューの変化

このように京都らしいお庭があり、安くて体にいいランチメニューが食べられるお店はなかなかありません。

だから京都に行くたびにリピートしているのです。

何回行ったかわからないくらいですが、直近3回行ったのをまとめてみます。

お料理の料金体系が2019年10月から変わっています。

2020年8月21日

この日が一番新しい記録です。

上記の記録はこれに当たります。

2019年10月13日

↓2020年8月に行ったときと同じ料金体系になっていました。

1150円です。

2018年8月14日

↓約2年前の8月は料金体系とメニューが今とは異なります。

お粥と京野菜中華 福住

今との違いは料金が1200円と今より50円高いこと。

メニューは中国茶がついていたことと、前菜が3種盛りではなく2種盛りだったこと。

↓当時はこちらの「中国茶」がついていました。

お粥と京野菜中華 福住

↓前菜も3種ではなく、2種盛りでした。

お粥と京野菜中華 福住

つまり、中国茶がなくなっただけで、前菜は1種類増えているのに、料金は50円マイナスになっている。

1200円→1150円。

継続して通っていて記録も取っていたから気づいたことですが、本当に良心的なお店です。

そいいう意味でもこれからも通いたい。

まとめ

さて今回は「お粥と京野菜中華 福住(ふくずみ)」に行ってきました。

日野 里映
料金とメニューの変化を見ていても良心的でとてもいいお店。

ますますお気に入りのお店になりました。

近隣の観光スポット

 

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。