【京都】一文字屋和輔(いちもんじやわすけ)(あぶり餅一和)〜創業1000年日本最古の飲食店

こんにちは!日野 里映(ひの りえ→プロフィールはこちら)です。

 

今回は「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」に行ってきました!

今宮神社にお参りしてから寄りました。

「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」の詳細情報

まずは、「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」の詳細情報をまとめました。

平安時代からの老舗。創業1000年です。

飲食店としては日本最古の老舗です。

あぶり餅も日本最古の和菓子とされており歴史の深さを感じます。

店名
一文字屋和輔(あぶり餅一和)
住所
京都府京都市区紫野今宮町69
地図
電話
075-492-6852
営業時間
10:00~17:00
定休日
水曜日
駐車場
有料駐車場あり(今宮神社駐車場)あぶり餅一和利用で1時間無料

↓駐車場案内です。

「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」の外観

↓今宮神社駐車場を降りてすぐの光景です。

なんですか!!この江戸時代感は!!

時代劇のロケで使われるはずです。

一番奥が今宮神社入り口で、この写真の右側が今回紹介する「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」、左側が「かざりや」になります。

どちらも名物「あぶり餅」がいただけます。

一文字屋和輔(かざり餅一和)の外観

一文字屋和輔(かざり餅一和)の外観

一文字屋和輔(かざり餅一和)の外観

一文字屋和輔(かざり餅一和)の外観

一文字屋和輔(かざり餅一和)の外観

あんまり素敵なので何枚も写真を撮りましたよ。

「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」の店内の様子

この日の京都は40度近くありましたが、ここは扇風機と風鈴だけ。

それでも涼しく感じたものです。

↓お庭があるのも素敵。涼を感じました。

↓蚊取り線香入れは猫ちゃんです。

 

「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」のあぶり餅

メニューはあぶり餅だけです。

「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」も「かざりや」も1人前500円です。

↓このようにちぎったお餅を串にさし、炭火であぶっていただけます。

40度近くの気温の中、マスクをしてあぶっていただいてます。

↓黒くなっているのはおこげです。タレは白味噌。甘くて香ばしくて何個でもいけます。

↓お茶もついています。

↓お会計はこちらの箸置きのようなものを持っていきます。

まとめ

さて今回は「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」に行ってきました。

「かざりや」と「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」のどちらに行こうか迷いましたが、直感で「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」に決めました。

「一文字屋和輔(あぶり餅一和)」は創業1000年、「かざりや」は創業400年だとあとで調べて知りました。

料金も味もほぼ同じだそうです。

2店舗のはしごをしている人もインターネット上で見かけました。

確かに2店舗分食べても大丈夫な量です。

日野 里映
あぶり餅気に入りました!!

お腹にもたれないし、最高です。

近隣の観光スポット

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。