リメイクマスク作りました【西村大臣風マスク】

こんにちは!日野 里映(ひの りえ@hinorie5)です。

 

もともと手作り好きということもあり、「マスクが作りたい」と思い立ち、4種類の型紙を検証した記事を先日投稿しました。

【手作りマスク】結局どんな型紙がいいの?4種の型紙を検証しました!

もう4種類も検証したし、↑の結果、一番いいなと思った型紙でマスクを増産すればいいや、と思っていた矢先、「西村大臣マスク」というのが私の目に止まりました。

何?このマスク。

私の心を離しませんでした。

西村大臣風マスクとは?

西村大臣とは西村康稔経済再生担当大臣のこと。

その西村大臣が4月22日に着用していたのが「デニム風の立体布製マスク」。

それが「西村大臣風マスク」として作り方がYouTubeなどいろいろなところで紹介されていました。

一目見て「作りたい」と思い立ち、こちらの動画を参考に作ることにしました。

↑いい動画をすぐに出してくださるすごい方。

本当にありがとうございます。

そうだ!リメイクしよう!!

より【西村大臣風マスク】にしたくてデニムっぽい生地がいいな〜とアトリエを探しましたが、見当たりません。

いや、本当は本物のデニム生地(なぜか巻きで持っている)はあるのですが、分厚すぎてマスクには絶対向きません。

そんな時、「あ、あのいらない服コーナーにあるのかも??」と行ってみました。

「いらない服コーナー」とは、家族がいらない服(捨てる服)を勝手に持ち寄るコーナーのこと。

その中から私が売れそうな服は売り、使えそうな生地、ボタンなどは取っておき、どうしようもないものは捨てるという風にしています。

そこにビンゴのシャツがありましたとも。

ありがとう、息子よ。

「いらない服コーナー」にあった息子のシャツ

洗濯をしてアイロンをかけてから使いました。(↑はアイロン前なのでしわくちゃ)

【西村大臣マスク】の作り方

先ほど紹介した動画のままのやり方で作っていますので、詳しくは動画をみていただきたいです。(型紙は作りました)

さぁ、一緒に作りましょう。

1、まず型紙を作ります。

【西村大臣風マスク】の型紙

動画で説明してあるので、簡単に作れます。最初は布にかいていましたが、マスクを量産したいので型紙を作りました。

2、裁断します。

型紙があれば楽勝です。

3、内布(私はガーゼ生地にしました)を裁断。2センチずつカットします。

4、中表に上下を縫います。

5、角のところの布をカットして、ひっくり返してアイロンをかけます。

6、上下に端ミシンをかけます。

7 裏返して真ん中に折り、上下に端ミシンをかけます。

8、ゴム通し口を作ります。まず1センチ折ってアイロンを当ててから、さらに2センチ折り、アイロンを当てます。

9、ここは一番説明しづらいところなので動画でご覧ください。クリップでとめます。

10、縫います。私はギリギリを縫うのが好き。

↓縫えました。

11、ゴムを通します。前回と同じく家にあったゴムを使っています。今回は前回よりも細めにカットしました。

安全ピンを使って通していきます。

12、結んで(今回は細いので結べます)中に結び目を隠して完成です。(ゴムが丸まっていますが)

またまたこの人につけていただきましょう。

↑ゴムが適当ですが(丸まってて)マスク自体はとてもよかったです。

 

まとめ

日野 里映
久しぶりにリメイクしてとっても楽しかった

リメイクは「元本職」なので今でもワクワクが止まりません。

見た目もすごく気に入ったし、着用してみても私はこの【西村大臣風マスク】が一番好きです。

プリーツ型よりも前作った立体よりも。

鼻と顎の密着具合がちょうどいいのです。

たくさん作りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。