悪いことを考えてしまったときの打ち消し方法

こんにちは!日野 里映(ひの りえ)です。

 

引き寄せの法則は自分の思考や感情と同じものが引き寄せられてくるという法則。

だから「いい気分」でいると「いいこと」を引き寄せ、「嫌な気分」でいると「嫌なこと」を引き寄せるということです。

となると「あっ、私、今悪いことを考えていた。」「しまったー。」っていう時があると思います。

そんな時にどうすればいいか?というのを紹介します。

1日に6万回も思考している。

人間は1日に6万回も思考しているそうです。

寝ている時以外は、人って何かしら「考えている」ってことです。

ぽーっとしてるときに考えることってポジティブな考えだけではないですよね。

私もついつい悪いことを考えてしまい、「あっ、しまった」と思う時があります。

家族や自分が不幸になるような考えです。

そんなときに心の中でつぶやく言葉があります。

そんなことになろうとは思いもよらなかった。

そんなことになろうとは思いもよらなかった。

そんなことになろうとは思いもよらなかった。

これは冷静に考えれば、悪いことが起きた後に言う言葉。

なので悪いことを引き寄せそうな気がしますが、今まで一度たりとも起こっていません。

不幸になるような考えをしたときに、それが一度も現実化はしてないってことです。

なので効くんじゃないかな〜と自分では思っています。

この言葉は、引き寄せを知る以前から使っていました。

悪いことが思い浮かんだ時に、その言葉を打ち消そうとしていたんですね。

知らず知らずに。

まとめ

今回、この記事を書くにあたってよくよく考えると、はっきり打ち消してないやん!!って思いました。

「そんなことになろうとは思いもよらなかった」ということは「そんなことになっている」ということですもんね。

でもちゃ〜んと打ち消せているんですよ。

頭が混乱して「どっちなん?」っていうのがいいのかもしれません(笑)

だから自分なりの「打ち消し言葉」を作っていつもそれを使うっていうのがいいのかもしれません。

「打ち消し言葉」が思い浮かばない方は私と同じ言葉を使ってみてください。

これは私が長年使ってきて効果が実証されていますから。

そんなことになろうとは思いもよらなかった。

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。