憧れの1日

こんにちは、日野 里映(ひの りえ)です。

 

私の引き寄せ師匠・奥平亜美衣さんの【必ず幸せになれる引き寄せ恋愛術】の連載がWith onlineでずっとやられています。

そこに私の理想の憧れの生活が書かれていたので紹介します。

この連載は今では26回続いています。

1回目がとてもよかったので紹介します。

 

亜美衣さんと引き寄せとの出あい

亜美衣さんは5年前に『サラとソロモン』(ナチュラルスピリット)という本に出会ったことをきっかけに「引き寄せの法則」を意識して生活されるようになりました。

 

毎日の生活の中の幸せや喜びを増やす

亜美衣さんが実践したのは、とても簡単なこと。

通勤の満員電車は嫌だけど、本が読めることは嬉しいなぁ。

仕事はおもしろくないけど、お給料がもらえているから生活ができてありがたいなぁ。

など普段の生活で「いいこと」を見つけ、少しでも「いい気分」を保つようにしたこと。

 

引き寄せ人生

そこから亜美衣さんの引き寄せ人生が本格的に始まりました。

普通の会社員で主婦で母だった亜美衣さんのブログが書籍化され、後に「引き寄せブームはここから始まった。」と言われるほどの影響力をもちました。

その本は復刻改訂版まで出ています。

その後も出版の依頼がおさまらず、会社員をやめ、執筆に集中されています。

さらに旦那さまがバリ出身ということもあり、2015年にはバリ島に移住。

再現性がある

そして嬉しいことに、亜美衣さんは「引き寄せの法則」は、どんな人にも平等に働いていると言っています。

ついつい、「亜美衣さんだからできた、私はできない」と思ってしまいますが、そんなことはないのです。

亜美衣さんみたいにすごいスピードで引き寄せ成功ということにはなっていませんが、私が引き寄せに出会ったのは2015年11月。

あれから少しずつですが、「引き寄せびと」への階段を登り続けている自信はあります。

亜美衣さんの日常

亜美衣さんの1日が載っていました。引用します。

今現在の私の日常は、朝、子供を学校に送るために起き、午前中はホットヨガなどの運動で汗を流す時間。そのあと心地の良いカフェで健康的な食事をとり、午後は主に仕事の時間。仕事はパソコンさえあればどこでもできるので、自宅だけではなく、お気に入りのカフェを見つけてはそこへ行って仕事をしています。16時になったら子供が学校から帰ってくるので、そこからは子供との時間です。

 

これを読んだ時、わくわくが止まりませんでした。

まさに私の理想が、憧れがここにある、と思いました。

私もこんな生活がしたい。いや、するんです。

茜ちゃんともっともっと過ごしたい。

憧れ、ここに極まれり。

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。