引きこもり体質です!〜自粛生活で気づいた自分の特徴

こんにちは!日野 里映(ひの りえ→プロフィールはこちら)です。

 

今年は、3月は学校が休校になり、4月には非常事態宣言が出され、自粛ムードが高まりました。

非常事態宣言中は「ステイホーム」などと言われ、「家にいるのがいいこと」という新たな価値観も生まれました。

なんだかそんな自粛ムードが心地いいな、と思いました。

たぶん口には出さなくてもそう思っている人は多いのでは!と思いましたのでちょっと考えてみます。

引きこもり体質

自粛生活でわかったことはわたしは本当に「引きこもり体質」だと理解した、ということです。

自粛前は、土日はいつも外出していて、「1人の時間がほしいなぁ」と思いながらも「出かけるのも楽しいし」と思いながら出かけていました。

が、自粛生活で一変。

必要最小限の買い物以外は、土日も家で過ごすようになったのです。

いつも外食していたランチも家で好きなものが食べられます。

(もちろん外食でも好きなものを食べていましたが)

自分の好きな読書や動画視聴、ブログ執筆などができました。

本当に幸せな時期でした。

今は、自粛ムードも終わり、以前のような生活で土日もあわただしく過ごしています。

本当はもっとゆっくり自粛中のように過ごしたいけど、家族がいるとそうもいきません。

本当は1人で過ごしたいのですが。

引きこもり専業主婦時代

わたしは、今にして思えばありがたいことに「引きこもり専業主婦」をしていた時代があります。

それも結構長かったです。

いわゆる専業主婦をやっていたんですが、一般の主婦の人よりも「引きこもり度」が激しかったです。

だから「引きこもり専業主婦」と自分で名付けました。

小さい子どもはいましたが、「毎日暇じゃないん?」と聞いてくる人もいました。

が、全然暇じゃないんですよ。

当時からやりたいことが多すぎて(実はブログも書いていましたし)。

あくせくするのが好きではないので、精神的によかったかな?と。

なぜか今の生活を選んでしまったのは自分なのですが、今は今で気に入っています。

でも「1人でゆっくりしたい」という思いはいつもあります。

飲み会がないのがうれしい

わたしは「飲み会」が大嫌い。

お酒も飲まないし(強くはないが飲めます。けれども味が好きではないし、健康によくないので飲みたくないので、ここ数年は一滴も飲んでいません)、そもそもお酒が嫌いです。

飲めないけど「酒席」は好きっていう人も結構いますよね?

わたしは「酒席」も嫌い。

少人数の人と話すのは好きですが「みんなでわいわい」っていうのが苦手。

今の職場なんて本当にいい人ばかりで楽しい人たちですが、それでも「飲み会」には行きたくないのです。

「飲み会」に行くくらいなら家で愛犬と遊んだり、本を読んだり、動画を見たり、家計簿研究したり、ブログを書いたりしたいのです。

時間がもったいないのです。

 

今年度は、公の「飲み会」が一切開催されないのです。

わたしにとっては、とてもうれしいこと。

昨年度までも必要最小限の「飲み会」しか参加しませんでしたが、今年度は「飲み会」がゼロですよ。

ありがたいことです。

 

まとめ

日野 里映
毎朝、愛犬をゲージに入れるとき、このまま家にいたいと思っています!

今の生活を選んだのはわたし。

引きこもり専業主婦時代からくらべたらお金ももらえて、仕事も楽しくやりがいもある。

とても楽しく暮らせていますが、でも家が大好きなんですよね〜。

仕事が終わったらすぐに家に帰りたいし、無駄な通勤時間もできるだけ短縮したいし、「飲み会」なんて時間の無駄には参加したくない。

初対面の人にも「マイペースですよね〜」と言われるわたしですから。

自粛中は、不登校の子どもたち、引きこもりの人たちも含めて今の状況を暮らしやすいと思っている人も多いのでは?と思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。