メンタリストDaiGo氏推奨の16時間断食(プチ断食)を始めて8ヶ月経ちました〜今の体重・体脂肪率を公開

こんにちは!日野 里映(ひの りえ)です。

 

メンタリストDaiGoさんや鈴木祐さん(パレオさん)が勧められている16時間断食(プチ断食)を2019年4月10日から本格的に始めています。

早いもので8ヶ月以上経ちましたので結果を報告します。

まずは結果報告

2019年2月4日の体重:49.65kg  体脂肪率: 28.4%

2019年5月12日の体重:46.65kg  体脂肪率:26.7%

2019年6月28日の体重:45.25kg  体脂肪率:25.5%

2019年10月11日の体重:45.7kg  体脂肪率:25.7%

2019年12月14日の体重:46.05kg 体脂肪率:25.8%

私の目標体重は47kg、目標体脂肪率は25%でしたので、6月には達成しています。

6月の時点では「やせすぎかも。このまま減ったらどうしよう??」と思っていましたが、減ることはなく、いい感じでした。

冬になって45kg台ではなく46kg台が増えてきましたが、冬なのでそんなもんかな〜?と思ったり。

体脂肪率は25%台なので、なかなかいいと思います。

16時間断食(プチ断食)とは

以前↓こちらのブログでも書きましたが、鈴木祐さん(メンタリストDaiGoさんのリサーチ担当)やメンタリストDaiGoさんも行なっている食事療法です。

要は朝ご飯を抜いて約16時間の断食状態を作る「プチ断食」をします。

プチ断食すると体内の炎症が押されられます。
なぜかというと3食食べると1日中消化している感じです。
そうなると消化器官は休む暇がありません。
→なるべく消化器官を休める方が体内の炎症がおさまるということです。

消化にかける体の負担を減らすことによって体内の炎症がおさまりやせることもできる夢のようなダイエット方法なのです。

「16時間断食」とか「8時間ダイエット」とか「リーンゲインズ」とか呼ばれています。

やり方は以下になります。

①どの時間帯でもいいので、とにかく1日のうち16時間は何も口にしない(女性は13〜14時間でもOK)。

②断食中に口にしていいのは、コーヒー・お茶・水だけ。(要はカロリーのない水分)

③断食タイムが終わってから8時間は好きなものを好きなだけ食べてOK。

ダイエット以外の効果としては、食欲を下げる・美肌・腹筋が割れる・血液サラサラ・睡眠の質が上がる・腸内環境がよくなるなどがあります。

朝ごはん(?)は飲み物だけ

本格的な16時間断食(プチ断食)は上に書きましたように、朝はカロリーのない飲み物だけを飲みます。

4月10日から始めて、最初の2ヶ月間は、カロリーのない飲み物だけを飲んでいました。

が、夏は毎年アイスコーヒー(某メーカーの砂糖入りのアイスコーヒーを牛乳で割ったもの)を飲んでいて、それをやめることはできなかったので、このアイスコーヒー(砂糖と牛乳入り)と緑茶を朝食としていただいていました。

それでもどんどんやせていったのは上記の通りです。

寒くなってきてからは、アイスコーヒーではなくホットカフェオレをいただいています。

これは砂糖は入っていませんが、牛乳たっぷりのカフェオレです。

それでも体調はいいので(やせているし)、これからも続けようと思っています。

本当はココアがいいらしいので、ココアも検討中ですが。

お昼ご飯は何を食べているの?

私は小学校教員をしているので、平日は給食です。

以前書いたブログによると6月くらいにはまだ午前中の空腹感があったそうです。(自分のことですが忘れています。)

今では午前中の空腹感は全くと言っていいほどありません。

給食はプチ断食前も今もたくさん食べています。たらふく食べています。苦しいくらい。

給食は本当に大好きなので。

土日のランチはだいたい外食です。

外食なので量は多め。

夕ご飯ももちろんたくさん食べます。

夕ご飯後のおやつも「まだ食べるの?」というほど食べます。

恐るべし、16時間断食(プチ断食)。

今年は風邪を引いていない

ここ数年は本当に体が弱くなったな〜と実感していました。

もともと気管支が弱いようで、一度風邪を引いて咳が出るようになるとなかなか治らなかったのです。

近所の病院ではなく、「咳外来」をやっている専門病院にわざわざ行くくらいでした。

2年前なんて11月末に引いた風邪(咳)が3月になる頃にやっと治っていました。

4ヶ月も咳が続くという異常事態。

「咳外来」では「咳喘息」とかいう病名までつけられていました。

喘息患者がやる吸入薬、きつい咳止めを飲んで、やっと咳をごまかしている状態。

それでも咳は完全には止まらずしんどい状況でした。

1年前もまた11月に風邪を引き、咳がでました。

この時は咳自体は2ヶ月くらいで治りましたが(それでも一般的にいうと異常事態ですよね?)、声が全く出ない日が続き授業にも支障が出て大変な日々を過ごしました。

 

 

それが今年は12月15日現在、まだ風邪を引いていません。

私にとっては驚くべきことです。

よって咳もつかず夜もぐっすり眠れています。

 

これももしかしたら「16時間断食(プチ断食)」によって免疫力が強化されたからじゃないかな?と密かに思っています。

まだまだ冬は続くので検証は続けますが、風邪を引かず(よって咳に悩まされることもなく)12月半ばまで迎えられるなんて私にとっては信じられない幸運です。

おかげさまで授業も順調にできています。

ありがたいことです。

まとめ

日野 里映
何をしてもやせなかった私が目標体重・体脂肪率になれたのはプチ断食(16時間断食)のおかげやわ。おまけに今年は風邪も引かなくて快適に過ごせてる。朝ごはんを抜くだけでこの生活ができている。本当にありがとう。

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。