『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木厚 著)〜私が実践しているプチ断食(16時間断食)の本です!

こんにちは!日野りえ(→プロフィールはこちら)です。

 

「空腹」こそ最強のクスリ』という本を読みました。

この本は、私が約2年間実践している16時間断食(プチ断食)について解説してある本です。

鈴木祐さんのパレオダイエットの教科書を読んで始めた16時間断食でしたが、『「空腹」こそ最強のクスリ』を読んで、さらに16時間断食への理解が深まりました。

[itemlink post_id=”3699″]

「空腹」こそ最強のクスリ

『「空腹」こそ最強のクスリ』

とてもシンプルで読みやすい本です。

字も大きく本も薄めでわかりやすい内容なので、サクッと読めます。

「16時間断食で健康になる」

上記についてのみ書かれた本なのです。

この本を読めば、「16時間断食やってみた〜い」ときっとなるはず。

2年実践している私が「16時間断食についての理解が深まった」と思ったところ3点をあげます。

①オートファジー

私が16時間断食を始めたいちばん大きな理由がこれになります。

オートファジー。

オートファジーとは、「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」というもので、細胞が飢餓状態や低酸素状態に陥ると、活性化するといわれています。

オートファジーによって、古くなったり壊れたりした細胞が内側から新しく生まれ変われば、病気を遠ざけ、老化の進行を食い止めることができるのです。

なんて素晴らしいオートファジー。

たった16時間断食するだけで(夜の睡眠時間含む)オートファジーが働くと言うんだから、やるしかありません。

 

②年齢を重ねるごとに「食べすぎ」のダメージは大きくなる!

私はよく食べます。

一度にたくさん食べないと気が済みません。

お腹がいっぱいになって終了という食生活を続けているので、3食も食べていたら胃が休まる間がありません。

「腹八分目に医者いらず」ということわざがありますが、腹八分目で抑えられる人は3食食べてもいいと思うんです。

(この本ではなく私の見解)

そういう人は3食食べても消化もできそうです。

そして、年齢を重ねるごとに消化には時間がかかるようになります。

「40歳をすぎると脂っこいものが胃にこたえるようになった」と私のまわりでもよく聞くセリフです。

実際、私も脂っこいものはすきですが、以前ほどは食べられないし、「食べたい」という欲求は減っているのです。

 

③食べたくなったら我慢せず、ナッツ類などで空腹を満たす!

もうっ、いろんな本で紹介されいてる「ナッツは健康にいい」説。

ここでも出てきました。

私も毎日食べています。

私は夕ごはん後の「おやつ」の一種類として食べています。

以前は業務スーパーのミックスナッツ(もちろん無塩・素焼き)を食べていましたが、最近はこれを買っています。

業務スーパーのミックスナッツより安く(価格は日々変化しますのでご了承ください)、マカデミアナッツも含まれているので嬉しいのです。

 

 

まとめ

今回は『「空腹」こそ最強のクスリ』を読みました。

私は朝食を抜くことにより16時間断食をしていますが、この本では違うパターンが紹介されています。

自分のやりやすい方法でされたらいいと思います。

私は朝食を抜くのがいちばん簡単だと思いますが。

この本を読んで、オートファジーについての理解が深まりました。

日野 里映
午前中の空腹感はほぼなくなりました。

お腹がすっきりしていると「オートファジー」と叫びたくなります。


 

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。