記録魔はメモアプリ「Evernote(エバーノート)」を8年間使い続けています!

こんにちは!日野りえ(→プロフィールはこちら)です。

 

このブログではiPhoneアプリ「100年日記」について何度も紹介しています。

日記マニアはiPhoneの「100年日記」アプリを愛用しています。

わたしが「100年日記」に書いている内容

「100年日記」今日の積み上げコーナー始めました〜!!

大好きなアプリでこれなしでは生活できないほどですが、「100年日記」と同じように長い間使っていて重宝しているアプリである「Evernote(エバーノート)」については一度も紹介していなかったと気づきました。

「100年日記」の記事はかなりの方に読んでいただけて、「100年日記」を使っていただける方が多くなっています。

「Evernote(エバーノート)」単体でも「100年日記」に負けず劣らずいいアプリですし、「100年日記」と連携して使えるので「100年日記」ユーザーにも必須のツールです。

ということで、今回は「Evernote(エバーノート)」について書きます。

「Evernote(エバーノート)」とは

「Evernote(エバーノート)」とはメモができるツールです。

先ほどはわかりやすく「アプリ」と書きましたが、いわゆるスマホで使えるアプリだけでなくwebでも使えるツールになります。

iPhoneでもAndroidでもiPadでもAndroidタブレットでもパソコン(WindowsでもMacでも)使えます。

 

「Evernote(エバーノート)」はなんでもメモできるツールです。

テキストだけでなく、画像やPDFもかんたんに保存できます。

そして検索ももちろん可能。

「Evernote(エバーノート)」は使えば使うほどわたしの巨大検索ツールになるのです。

ライフログですよ。

 

こんな素敵な「Evernote(エバーノート)」の料金が気になるところです。

無料のベーシックプランと有料のプレミアムプランがあります。

法人向けのビジネスプランもありますが、ここでは省きます。

ベーシックプラン

料金:無料

月間アップロード容量:60MB

一つのノートの上限容量:25MB

同一アカウントが利用できる端末:最大2つまで

ノートのオフライン利用:デスクトップ版のみ

プレミアムプラン

料金:月額600円 年払いなら5200円

月間アップロード容量:10GB

一つのノートの上限容量:200MB

同一アカウントが利用できる端末:無制限

ノートのオフライン利用:デスクトップ、モバイル版に対応

 

わたしの「Evernote(エバーノート)」の歴史

2012年11月〜

約8年前に「Evernote(エバーノート)」に登録しました。

子どもの頃から記録をするや日記を書くのが好きだったので、はまりました。

自分だけのメモですよ。

 

2014年11月の1ヶ月

ずーっと気に入って「Evernote(エバーノート)」のベーシックプランを使っていました。

iPhoneアプリ「100年日記」を「Evernote(エバーノート)」に同期できるようになったのがこの頃です。

それ以前は「100年日記」の同期はDropboxでしかできなかったと思います。

やっと「Evernote(エバーノート)」でできるようになったので、「100年日記」のバックアップを取りたいが、容量が心配。

特に最初につないだときは過去の日記すべてバックアップされるので、容量がたくさんいります。

ということで1ヶ月限定でプレミアムプランに入会しました。

1ヶ月ですぐに退会するというしたたかさ。

 

2016年7月3日〜

1ヶ月だけプレミアムにして、それ以降はご機嫌でベーシックプランを使っていたのですが、この頃に「Evernote(エバーノート)」がこんなことを言ってきました。

 

ベーシックプランでは端末は2つだけです。

3つ以上使いたい方はプレミアムへ。

 

大変です。

iPhoneとiPadとパソコン(当時はWindows)の3台を使っていたので、今後も使い続けたかった。

それに容量が不安な月もある。

当時年払いの半額キャンペーンをやっていたこともあり、「えいやっ」と「Evernoteプレミアム」の年払いにしました。

それ以降いまに至ります。

次の年からはちゃんと5200円取られています。

 

わたしが使っているEvernote活用法

①「100年日記」のバックアップ

iPhoneアプリ「100年日記」は日記なので、消えては困ります。

以前はDropboxでバックアップを取っていましたが、いまではEvernoteで取っています。

②3食とお弁当の記録

記録魔なので、3食のご飯の写真も撮りたいのです。

でもただ単にスマホで写真を撮っただけでは見返すときに不便です。

そこで「Evernote(エバーノート)」の出番です。

「Evernote(エバーノート)」はタグをつけることができます。

「FE Snap」という「Evernote(エバーノート)」の関連アプリで、特定のタグをつけて写真を撮ると勝手に「Evernote(エバーノート)」のそのタグの中に入ってくれます。

恥ずかしいのですが、「FE Snap」のタグの一部です。

この中からたとえば「朝ご飯」のタグをチェックして写真を撮ると勝手に「Evernote(エバーノート)」の「朝ご飯」タグに写真が送られていきます。

それで今までの「朝ご飯」を全部見たりできます。

(ここ1年半くらいは16時間断食をしているので「朝ご飯」は飲み物だけですが。)

作った「お弁当」も全部記録しています。

③新聞記事の保存

ネットニュースよりも新聞が大好きです。

ネットニュースは自分で選んで読んでしまいがちですが、新聞なら網羅的に読めるのが楽しい。

そこ中で保存しておきたい記事を切り抜き、先ほどの「FE Snap」の「新聞」タグで写真を撮っておくだけで、「Evernote(エバーノート)」の「新聞」タグに保存されます。

あとで見返したり、必要なら印刷して活用することもできます。

④自分の服の記録

以前、「100年日記」の記録で毎朝、自分の服の自撮りをしている話をしました。

これをやると「あぁ、1年前はこの服を着てたんだ。この服すっかり忘れてた。」というのに気付いたり、なにかと便利です。

ただ記録したいだけ、というのもありますが。

この「Evernote(エバーノート)」では、先ほどの「FE Snap」の「ワードローブ」タグで新しく買った服を撮ります。

(これは自撮りではなく服だけ)

店名と価格も一緒に記録しておくと便利です。

 

まとめ

日野 里映
なくてはならないメモツールです!

「100年日記」以上にわたしの生活に溶け込んでいて感謝もせずに使っていましたが、こうやって見てみると、とてもありがたいツールです。

年間5200円払ってでもわたしは使いたい。

もちろん端末2台までで容量もそんなにいらないよ、という方はベーシックでも十分だと思います。

ライフログおすすめです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえ

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。