新年のミソカモウデ〜いろいろあるよね!

こんにちは!日野 里映(ひの りえ@hinorie5)です。

 

令和2年(2020年)1月30日。

毎月30日恒例のミソカモウデに行って参りました。

ミソカモウデをやり始めて17回目になります。

長いものです。

ミソカモウデとは?

ミソカモウデとは、「神さまとのおしゃべり」に紹介されていた「確実に幸せになる方法」。

毎月30日(みそか)に神社に行き、その月の感謝を神様に述べるというもの。

詳しいやり方は本を読んでもらうとして簡単にやり方を説明します。

①家の近くの神社に行き、お賽銭箱に300円(またはそれ以上)のお賽銭を入れる。(私は500円にしています。)

②合掌して自分の名前、住所、干支を言う。

③今月起こった「いいこと」をできる限りたくさん思い起こし、それら一つずつに「ありがとうございました、◯◯が起きてとても幸せでした。」と神様に報告する。

④最後に「ヤワタヤワタ」と声に出して言う。

実はすっかり忘れていました。

毎月の「ミソカモウデ」はだいたいiPhoneアプリ「100年日記」のその日の欄に書いてあります。

それを朝見ることで「そうや!今日はミソカモウデやった。」と思い出すことができます。

が、今回は「100年日記」の1月30日の欄に何も書いてなかったのです。

 

前日も思い出しもしなかったのですが、当日になって急に「あっ、ミソカモウデや!!」と思い出したのです。

誰かに教えてもらったとしか思えません。

不思議なことです。

ただ、これから先忘れたくないので、「100年日記」の毎月30日(2月は29日)の欄に「ミソカモウデ」と書いておきました。

朝には必ず当日の欄を見るので(体重測定の記録をするために)、これで忘れることはないでしょう。

本当に危なかったです。

小春日和

↓iPhoneアプリ「100年日記」についてはこちらをどうぞ。

私の大好きなアプリ「100年日記」です。これがあるからiPhoneを止めることができないと言っても過言ではない。

令和2年1月の感謝

1月の感謝を述べました。

・まずは家族全員(茜ちゃんを含めて)が健康で仲良く過ごせたこと。

・息子が体調良いまま試験を受けることができたこと。

・試験の結果は悪かったけれども、メンタルが落ち込みすぎることなく復活できたこと。

・茜ちゃんに腫瘍ができたけど、良性だったこと。

・楽しく担任の仕事ができていること。

・職場の人間関係がいいこと。

 

まとめ

日野 里映
もうちょっとで忘れるとこでした。思い出して本当によかった。

年が明けたら本当に早いですね〜。

今年もあっという間でしょう。濃密な時が過ごせますように。

茜の入浴シーン

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。