[書評]最高のパフォーマンスを実現する超健康法(メンタリストDaiGo 著)〜プチ断食解説もあり

こんにちは!日野 里映(ひの りえ)です。

 

最高のパフォーマンスを実現する超健康法』という本を読みました。

この本は、メンタリストDaiGoさんおすすめの健康法について書かれた本です。

最高のパフォーマンスを実現する超健康法

『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』

私はメンタリストDaiGoさんの大ファンです。

というかもう「信者」と言ってもいい。

毎日、youtubeをチェックし、気になったものはニコニコ動画(有料)を視聴しています。

メンタリストDaiGoさんの動画の中で、特に好きなのは「健康系」の話題です。

こちらの動画を見てから「プチ断食」を始めて半年経ちました。

何年も落ちなかった体重・体脂肪率が希望通りになるわ、肌の調子もよくなるわ、メンタルも前向きになるわ、といいことづくめなんです。

だから、この本が発売されると聞いた時に嬉しすぎて(今まで健康系のをまとめた本は出ていませんでした。)すぐに予約注文をしたのでした。

付箋はこんな風になりましたが、この中から特にお伝えしたいことを3つに絞って書いてみます。

①その代わりに何を食べる??

これは食べない方がいいというものがあったとして、そのかわりに食べる「代替品」を用意すればいいということです。

たとえば、ポテトチップスのかわりにブルーベリーを食べる、ポテトチップスのかわりにナッツを食べる・・・ということに注目すると、ダイエットも成功するし、リバウンドも減ります。

私はこちらの動画を見てから、ここに紹介されていた「デブる恐怖の食べ物」をほぼ食べなくなりました。

2位、3位の結果は動画を見ていただくとして、特に1位の「ポテトチップス」に関しては、本当にこの動画を見てから一切食べていません。

それまで毎日食べていたにも関わらず。

この動画を見たら恐ろしくて口にする気が起こらなかったからですが、もし代替品がなかったら食べていたのかもしれません。

私が代替品に選んだのはナッツ。

もちろん無塩で油なども添加されていないナッツを食べているんですが、ナッツは油分があるので、ポテトチップスの代替品としてとても優秀です。

私からしたらブルーベリーは、そもそも「物」が違いすぎて代替品にはなりにくい気がします。

 

②糖質制限はやめましょう。

メンタリストDaiGoさんは糖質制限ダイエット反対派です。

糖質制限でやせるのは、そもそも摂るカロリーが減ったからで、寿命も縮むという研究結果が出ているそうです。

日常的に果物を食べないと、やる気が落ちるという研究もあります。前にお話ししたように、私の場合は昼にブルーベリー100gと、寝る1時間前にキウイを2個食べるのを習慣にしていますが、非常に調子がいいです。和食はどんどん食べてかまいません。糖質制限が本当に体にいいのであれば、日本人がこんなにやせるのはおかしいですね。

これは本当に嬉しいことですよ。

昨年の夏に軽い糖質制限(主食のご飯のかわりにキャベツ食べたり)をしたことがありますが、3日と持ちませんでした。

すぐにあきらめました。

そもそも糖質野菜(かぼちゃや人参など)が大好きだし、さつまいもや果物など甘いものが大好きなので続かなかったのです。

それらをどれだけ食べても「プチ断食」をしていればやせられる。

ありがたいことです。

③プチ断食の効果

さぁ、私が1番読みたかったのは、「プチ断食」について。

やせたいと思っている人にとって、カロリー制限より、プチ断食の方が圧倒的に楽です。

なぜなら、プチ断食をすると、体内のホルモンの状態が変化して食べ物を欲しいと思う感覚が減ってくるからです。

 

「プチ断食」をすると、それにより摂取カロリーが減るだけではなく、食欲自体も減るから、さらに摂取カロリーが減るということです。

私自身、「食欲が減った」といった感覚はありませんが、お腹いっぱい食べていても体重・体脂肪率が減り続け、ある程度で維持できているということは、自覚がないだけで、そういうことなんでしょう。

「やせる」こと以外の「プチ断食」の効果が書いてありましたので紹介します。

①血液がサラサラになる。

これはとっても嬉しいこと。

献血が趣味なので、できるだけいい状態の血液を、できるだけ長い間提供できたらいいなぁと思っているので。

②睡眠の質が上がる。

もともと「のび太体質」(床につくとすぐに眠れる)なので、あまり実感はありませんが、Apple Watchの睡眠アプリを見てみると、よく眠れているようです。

③お腹の調子がよくなる。

これもとっても嬉しいこと。

腸は「第二の脳」どころか「第一の脳」と言ってもいいくらいの臓器なので、大事にしたい体のパーツですから。

 

まとめ

今回は『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』を読みました。

この本を読んで、私のとっての収穫は2点ありました。

まず、「プチ断食」の良さを再認識できたこと。

ちょうど「プチ断食」を始めて半年経ちましたので、これからさらに続ける原動力になりました。

もう一つは、ブルーベリーを食べ始めたこと。

今までもメンタリストDaiGoさんの動画などで冷凍ブルーベリーがいいことは知っていましたが、「わざわざ買って食べよう」という気は起きませんでした。

が、この本を読むと「毎日100g食べている」とのことだったので、気持ちの上で踏み切ることができました。

冷凍ブルーベリーを買って、適当にお皿に乗せて10分ほど置いておくとかなり解凍されています。

食べてみると砂糖なんてかけてなくても美味しいのです。そして口の中も指も(スプーンとかなくて指でつまんで食べた時)すごく紫色になります。

しばらく取れなくらい。

これは「相当アントシアニン入ってるな」と気分がよくなります。

美味しくて毎日の習慣になりました。

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

日野りえです。 ブログタイトルは「太陽が紫色だっていいじゃない。」、 小学校教員をしています。 家族は夫、娘、息子、愛犬(トイプードルの女の子)です。 好きなことは、神社巡り、読書、筋トレ、自分を高めること、授業などです。 詳しいプロフィールはこちら。