2021年3月の感謝のお参り(ミソカモウデ)〜またまた1万円札

こんにちは!日野 りえ(→プロフィールはこちら)です。

 

令和3年(2021年)3月27日(土)。

毎月恒例のミソカモウデ(感謝のお参り)に行ってまいりました。

ミソカモウデをはじめて31回目になります。

ミソカモウデをはじめて2年7ヶ月経ちました。

ミソカモウデとは?

ミソカモウデとは、「神さまとのおしゃべり」に紹介されていた「確実に幸せになる方法」。

毎月30日(みそか)に神社に行き、その月の感謝を神様に述べるというもの。

「みそか」に「もうでる」から「ミソカモウデ」です。

(最近は30日限定ではなく、月末の行きやすい土日に行っています。)

詳しいやり方は本を読んでもらうとして簡単にやり方を説明します。

①家の近くの神社に行き、お賽銭箱に300円(またはそれ以上)のお賽銭を入れる。(私は1000円にしています。)

②合掌して自分の名前、住所、干支を言う。

③今月起こった「感謝」をできる限りたくさん思い起こし、それら一つずつに「ありがとうございました、◯◯が起きてとても幸せでした。」と神様に報告する。

(最近は感謝の報告が多すぎて覚えれないので、「100年日記」を見ながら報告しています。)

④最後に「ヤワタヤワタ」と声に出して言う。

今月は27日です!

だいたい月末の土曜日に行っています。

今月は27日だったので、行ってきました。

とてもいいお天気の日でした。

 

今月のお賽銭は10000円+100円+100円

2020年8月までの2年間のミソカモウデは毎月500円をお賽銭箱に入れていました。

9月からお賽銭を1000円入れることにしました。

そして9月から摂社(神社の中の小さいお社)の稲荷社に100円入れることにしました。

そして10月には、摂社をもう一つ見つけましたので(遅すぎ)、そこにも100円入れることにしたのです。

 

普段のお賽銭は1000円ですが、年末など大きな感謝をしたいときは10000円を入れています。

今月は年末ではありませんが、とてもとても大きな感謝がありましたので、10000円を入れることにしました。

やっと10000円をお賽銭箱に入れても手がふるえなくなりました(笑

令和3年3月の感謝

3月の感謝をまとめてから神社に行きました。

いつものようにiPhoneアプリ「100年日記」に3月の感謝をまとめました。

 

「100年日記」について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

 

今月も先月と同様に紙に書いてから行くことにしました。

その紙を見ながら感謝を述べてきました。

 

それでは、3月のミソカモウデ感謝です。

☆まずは家族全員(愛犬を含めて)が健康で仲良く過ごせたこと。

毎回同じことを1番にお礼を言っています。

今年の冬も無事にすぎ春を迎えることができました。

健康で中がいい。ありがたいことです。

↓あなたとのお出かけが私の癒しです。

↑ヨレヨレの服を着ています。(私の手作り)

 

☆子どもが志望校に合格できた!!

大きな喜びというのはこれです。

2月にも結果を出していましたが、3月はさらに大きく花開きました。

桜が咲きました。

感謝しかありません。

 

☆私の仕事の異動関係

これも私の希望通りにいきました。

4月から活動がしやすくなります。

本当にありがたいことです。

関係者のみなさま、ありがとうございます。

 

☆毎日している「慈悲の瞑想」での驚き

毎日、「慈悲の瞑想」をしています。

これも気がつけば1年以上やっています。

手っ取り早く言えば「人の幸せを祈る瞑想」のこと。

毎日誰かの幸せを祈っています。1日1人ずつ。

まずは家族からはじめて友人、職場の人、そして学校の子どもたちの幸せを祈っています。

1年1組から順番に。

3月の半ばころ、ちょうど6年生に差し掛かりました。

ある朝、Aちゃんの幸せを祈ったら、その日にAちゃんが私の教室に来て「先生、メッセージを書いてください。」と手紙とともに渡されました。

6年生とはほとんど関わったことがないし、私はそもそも「人気の先生」ではありません(汗

「今朝、慈悲の瞑想した子やん!!」と鳥肌が立ちました。

そして、次の日です。

今度はBちゃんの幸せを祈ったら、その日にBちゃんが来て「メッセージを書いてください」と言いにきました。

この子からの手紙はなかったものの、これも2日連続だったので大変驚きました。

何度も書きますが、6年生とはほとんど関わりもないし、「人気の先生」でもありません。

3日目は何も起こりませんでしたが、2日連続でこのようなことが起きたのは意味があると思っています。

☆神まさや牛頭天王さまに子どもを連れてお礼に行けた。

子どもに受験のときに持たせたのは京都にある今宮神社のお守り。

何気なく持たせたのですが、子どもは今まで神頼みしない子だったのに、とても大切にしだしたのです。

合格発表を見るときも(インターネットで)お守りを握りしめていました。

私の家には今宮神社のお札や宝船を飾っています。

私が今唯一持ち歩いているのは今宮神社のお守り。

今宮神社には牛頭天王さまがいらっしゃいます。

牛頭天王さまはありえない願い事も叶えてくれる神さま。

他の神社でも合格祈願したところに夫や子どもと感謝のお参りに行くことができました。

 

☆以前使っていたiPhoneを売ることができた。

これでiPhoneを売る一連の流れがわかりました。

 

☆お金を払うことができた。

新しい学校に入学するとなるといろいろお金がかかるものです。

それもなんとか払えています。

本当にありがたいことです。

 

☆今月もおいしいものをたくさん食べれた。

食べることは生きること。

外食も人が作ったものも好きです。

1日2食しか食べないので、食べることを楽しみたい。

↓子どもが作ってくれたビビンバ。

 

まとめ

日野りえ
感謝感謝の1ヶ月!!

夢のような1ヶ月間でした。

子どもの夢が叶うのは親の喜び。

私もスタートします。